~科学するメッキ屋~ 表面処理(めっき加工)と二酸化炭素式消火具の製造販売「株式会社ワイピーシステム」

h1タイトル

営業品目

1.表面処理
2.低温黒色クロム処理(CBC) ※低温黒色クロム処理グループ正式加盟会社
【既存の黒色クロム法とRoHS指令について】
既存の黒色クロム法は、6価クロム溶液中でメッキするため、生成される電解析出皮膜は多孔質となり、このメッキ皮膜中に高濃度な6価クロムが残留します。この場合、定められた方法で溶液試験を行った際、RoHS指令基準を遥かに上回る6価クロムが検出されてしまいます。このため、既存の黒色クロム法ではRoHS指令基準を満たすことができませんでした。
【CBC処理法とは】
RoHS指令指定有害物質6価クロム対策用に開発された、黒色クロム法です。
電解析出したメッキ膜に残留するクロムイオンを、当社特許技術を用いて除去抽出した黒色クロム処理法です。
【CBC処理法+機能付与】
CBC処理法はさらに大きな特徴を備えています。
セラミック含浸(CBC-H・10~15μm)、フッ素含浸薄膜(CBC-BL・3~5μm)などのバリエーションがあります。セラミックやフッ素を含浸一体化させ、防錆、防食、耐熱性、耐薬品性、耐摩耗性などが付与され、ピンホールの少ない皮膜生成を実現しています。
【CBC対応素材】
CBC処理は、鉄系、銅系、真鍮等黄銅系材料及び、ステンレス系、アルミ系(※下地に無電解ニッケルが必要となります。)に対応しています。
3.梨地処理(ブラスト処理)
ブラスト処理で生成される凹凸は製品の表面を「梨地」とういう地肌にする、表面美装処理法のひとつです。また、要求される機能(保油性向上、防眩、滑り止め、傷隠しなど)や外観(表面粗さのコントロール)を各種研磨材と粒度を選び表面を加工します。
※表面処理前工程として行う事で表面に機能や美装を持たせることができます。
4.バフ研磨
布製またはその他の材料で作られた研磨輪(バフ)の周囲(表面)に種々の研磨材等を付け、研磨輪を回転させて素材を研磨する方法です。表面処理後の表面を光沢面にする為の素地研磨、滑り性の向上、めっき前の素地調整、機械加工時の細かな傷やバリの除去、めっき工程中の中間バフ研磨加工処理、仕上げ研磨など、バフ研磨加工処理によって可能な事項が数多くあります。外観をはじめ高品質なめっき処理を行ううえで必要な工程がバフ研磨加工処理になります。
5.各種金属加工
上記加工以外にも、ヘアラインやクリア塗装など承っている加工がありますのでご相談ください。