~科学するメッキ屋~ 表面処理(めっき加工)と二酸化炭素式消火具の製造販売「株式会社ワイピーシステム」

h1タイトル

企業理念

社長あいさつ

 「めっき」や「アルマイト」等の表面処理技術は、ローテクからハイテク分野まで、大変広範囲の製造産業に活用されています。
 装飾や防錆のみならず、多様な機能的特性を付与する表面処理加工は、製造産業を支える、まさに基盤技術です。
 しかしながら、工程上に発生する公害廃液は、表面処理産業の存立を危ういものにしています。
 当社は、この「めっき」に代表される表面処理技術の高度化と無公害化に真っ向からチャレンジしています。
 多くの化学工学の集積技術である、表面処理加工技術のサイエンス(科学)、エンジニアリング(機械工学)、テクニック(生産技術)を一体として捉えて事業構築を行っています。

 めっき工場内では、公害対策として、廃液を従来の90%削減する全自動複合めっき装置の開発を行い、稼働させています。

 研究開発部では、様々な大学や企業と次世代表面処理開発の共同研究を行っています。
 例えば、電解めっきの最大の欠点であるピンホールの発現をなくした超臨界めっき法の開発、従来の硫酸、蓚酸を用いず全く公害性のない新規アルミ陽極酸化法の開発、導電効率を飛躍的に向上させた導電性高分子薄膜の開発、二酸化炭素を用いた気相洗浄機の開発など、多数の実績を持っています。
 また、最高レベルの分析機器を揃え、高度な顧客要求レベルに対応可能な、表面分析、素材分析も行っています。
 尚、弊社ではRoHS指令対策として、低温黒クロム(CBC)の残留6価クロム除去の実現、アルミ化成処理の三価クロム化を達成し、営業させていただいております。
 表面処理について、ご不明な点やお困りのことがございましたら、弊社までお気軽にお問い合わせください。

 新規事業部においては、経済産業省「新連携」事業全国第1号認定を得て、二酸化炭素消火具「消棒®」シリーズを開発し製造販売しております。
 「消棒®」は工場・オフィス向け、「消棒miny®」はご家庭・オフィス向け、「消棒レスキュー®」は車載専用として大手自動車メーカーの純正指定も頂いております。

 株式会社ワイピーシステムは、省資源、省エネルギー、無公害、そして防災分野の先端技術のトップランナーとして、お客様各位のお役に立って参りたいと、全社一丸となり邁進してまいります。
 ぜひご用命を賜りますよう、心からお願い申し上げます。

株式会社ワイピーシステム 代表取締役 吉田 英夫

会社基本情報

商号 株式会社ワイピーシステム
所在地 【本社(旧所沢事業所)】
 〒359-0026 埼玉県所沢市牛沼607-6
 TEL:04-2968-5700(代)/FAX:04-2968-5715

■武蔵野線をご利用の場合・・・東所沢駅から徒歩約20分


大きな地図で見る

【東村山事業所】(改装工事中)
 〒189-0003 東京都東村山市久米川町5-33-4
 TEL:042-391-3634(代)/FAX:042-395-8166

■西武新宿線をご利用の場合・・・高田馬場駅から東村山駅まで急行で約30分

■西武池袋線をご利用の場合・・・池袋駅から所沢駅まで急行で約25分
※所沢駅で西武新宿行きに乗り換え、東村山駅で下車してください。

■西武国分寺線(JR中央線)をご利用の場合・・・国分寺駅から東村山駅まで約11分

■西武拝島線(多摩モノレール)をご利用の場合
※玉川上水駅から小川駅で国分寺線に乗り換え、東村山駅で下車してください。


大きな地図で見る

【中国工場】
 上海市奉献区拓林鎮北村路228号
E-mail mail@yp-system.co.jp
ホームページ http://www.yp-system.co.jp/
代表者 吉田 英夫
資本金 2,000万円
設立 1987年9月
事業内容 【金属表面処理部門】
当社の創業からの事業です。
各種めっき加工、アルマイト加工自社オリジナル開発低温黒色クロム(CBCの受託加工)を行っています。
特に、当社では積極的にRoHS対策を行っています。
【受託研究開発】
公的開発補助金による新規技術・製品の開発、受託分析業務を行っています。
この研究の中から、二酸化炭素洗浄器、二酸化炭素消火具「消棒®」シリーズ、6価クロム抽出技術などが生まれました。
【新規事業部】
研究開発の中から生まれた商品を、製造・販売しています。
特に、経済産業省「新連携」採択事業「消棒®」シリーズの製造販売に力を入れています。
取引銀行 商工組合中央銀行 八王子支店
西部信用金庫 東村山市店
三井住友銀行 所沢支店
りそな銀行 東村山支店
東京三菱UFJ銀行 所沢中央支店
飯能信用金庫 東村山支店
青梅信用金庫 東村山支店
取引先 古河スカイ㈱
㈱ジャムコ
㈱リガク
㈱日立ハイテクノロジーズ
住友重機械工業㈱
昭和飛行機工業㈱
㈱ニコン
㈱マーク
㈱ゼンショー
兼松㈱
モリタ宮田工業㈱
ミドリ安全㈱
日本郵便輸送㈱
三菱自動車カーライフプロダクツ㈱
他500数十社
協力会社 経済産業省「新連携認定グループ」他
各種金属加工・塗装・彫刻・焼き入れ・焼結
デザイン・組立・超精密細穴加工
ロストワックス・ギアカッティング
その他加工、処理業各社の広範なネットワーク

沿革

1987年 現代表取締役 吉田 英夫により
「有限会社吉田プレーティング」設立
表面処理事業開始
1997年 「株式会社ワイピーシステム」へ組織変更
2000年 次世代表面処理技術研究開発に着手
2001年 超臨界めっき技術により、NEDO地域コンソーシウム3ヶ年採択
(東京農工大学大学院と産学連携)
2002年 新規アルマイト法により、経済産業省中小技術採択
(静岡大学と産学連携)
2003年 新規アルマイト法により、経済産業省創造技術2ヶ年採択
(静岡大学と産学連携)
静岡大学と、ベンチャー企業「高圧プロセス㈱」設立
2004年 次世代表面処理、超臨界技術開発用研究棟新設
2005年 「二酸化炭素消火器具」経済産業省「新連携」全国第1号認定取得
(※新連携メンバー(認定時)一覧はこちら)
金属の表面処理でISO‐9001:2000を認証取得
2006年 消火器具販売会社
「株式会社ワイピーシステム販売」設立
2007年 二酸化炭素消火具「消棒®」「消棒miny®」発売
(財)ICETT開発促進事業採択「二酸化炭素洗浄機開発」
東京都ニューマーケット開拓支援事業認定
2008年 東京都新商品新技術開発事業助成金採択
2009年 経済産業省「元気なものづくり中小企業300社」選定
2010年 所沢事業所 開設
2011年 発明大賞 考案功労賞受賞
TAMA協会 環境大賞 環境技術賞受賞
中国上海に消棒合弁会社設立
2013年 中国上海で表面処理工場稼働開始
本社を東京都東村山市から埼玉県所沢市へ移転
2014年 経済産業省 グローバルニッチトップ100社に選定
2015年 弊社提案の「自動車用緊急脱出ツールに関する標準化」が経済産業省の「新市場創造型標準化制度」を活用し、標準化されることが決定しました。

受賞・認定内容紹介

2015年 弊社提案の「自動車用緊急脱出ツールに関する標準化」が経済産業省の「新市場創造型標準化制度」を活用し、標準化されることが決定しました。

「新市場創造型標準化制度」は経済産業省が新市場の育成、産業競争力の強化につながる戦略的な標準化推進のために創設したものです。「消棒RESCUE」の基準をベースに原案作成委員会で標準化の原案作成、日本工業標準調査会において審議され、1年をめどに国内標準(JIS)となります。

2014年 経済産業省 グローバルニッチトップ100社に選定

経済産業省の「グローバルニッチトップ(GNT)企業」の100社にワイピーシステムが選定されました。
グローバルニッチトップは特定の分野で高いシェアを確保し、国際競争力を発揮しているモノづくり企業を選定し、支援するものです。ワイピーシステムは、車両脱出機能付き二酸化炭素消火具「消棒RESCUE」と低温黒色クロム処理がGNTの製品・サービスと認定されました。

2011年 TAMA環境大賞 環境技術賞を受賞

首都圏産業活性化協会が開催しているTAMA環境大賞は、東京都多摩地区で環境に対して貢献している企業に対して表彰されるものです。
当社は、二酸化炭素のリサイクルによって消火具事業を展開しながら二酸化炭素の減少に貢献している点が評価されました。
11月24日に首都大学東京で行われた「第4回 TAMA産学官金サミット」にて、表彰状が授与されました。

「消棒RESCUE®」の特許が、発明大賞 考案功労賞を受賞

「消棒RESCUE®」の、ほかにはない独自性と機能の優秀性が、特許の面からも認められました。

2010年 「Japan Times アジアの次世代をになう経営者100人」に当選

当社代表取締役 吉田 英夫が「Japan Times アジアの次世代をになう経営者100人」に選ばれました。

「消棒RESCUE®」が、東京都トライアル購入品として認定

東京都から優れた製品であると評価をいただき、東京都の各部局でご購入いただきました。

2009年 「元気なモノ作り中小企業300社」に選定

経済産業省の「2009年 元気なモノ作り中小企業300社」に、ワイピーシステムが選定されました。
ワイピーシステムは、めっきやアルマイトなどの表面処理技術と、経済産業省の「新連携」の全国1号認定を受けた二酸化炭素消火具シリーズが高い評価を受けました。
6月3日、経済産業省主催の「2009年元気なモノ作り中小企業300社」の贈呈式が都内のホテルで開催され、代表取締役 吉田英夫が表彰されました。

2005年 「二酸化炭素消火器具」経済産業省「新連携」全国第1号認定取得

経済産業省の施策である、中小企業を中心とした新たな製品開発や事業を行う企業グループを支援する制度である「新連携」に、全国で第1号として認定されました。
「新連携」に認定されたことにより、「消棒®」、「消棒miny®」、「消棒RESCUE®」へと開発がつながっていきました。